ビューティー・テック

COVID-19が美容業界にもたらしたニューノーマルとは?

SHARE.

COVID-19が美容業界にもたらしたニューノーマルとは?

現在も終息が見えないCOVID-19のパンデミックによって、あらゆる業界に新しい課題が生じました。
特にこれらの課題はクライアントや顧客との密接な接触に関わりのあるビジネスにとっては特に困難です。
美容院やネイルサロン、化粧品や美容商品の販売店など美容業界は最も大きな打撃を受けました。
美容業界は、経営を維持しつつ安全性を保つイノベーションを見出す必要がありました。
規則及びプロセスの根本的な改善、顧客をキープする為の新しいデジタルツールの導入、パーソナライズされたサービスと商品の提供、これらはこのパンデミック時代の「ニューノーマル」として定義づけられていますが、今後の時代にも通用する戦略の1つなのです。

COVID-19については、世界中の科学者が絶え間ない研究を行い、多くの事が明らかになってきていますが、すでに分かっている現象としては、ウイルスは感染した人との密接な接触の際に伝染する可能性が非常に高い事、そして室内空間で感染のリスクが高まる事が確認されている事実です。

全ての美容ビジネスと美容ブランドが、このような密接な1対1の接触をしなければならないわけではありませんが、美容業界のサービスの多くは、接触を必要とします。例えば、デパートの化粧品売り場では、美容部員が絶え間なく接客し、お客様にリップのカラーを試してもらったり、化粧水のテクスチャーや香りを試してもらったりしています。ヘアサロンやネイルサロンでは、1日に数十人の顧客を受け持ち、密接な距離感での施術を行っています。

職業の性質上、これらのビジネスは少なくとも店舗を一時的に休業させて、ビジネスを再開させる為には、ウイルスに対処できる方法を見つけなければなりませんでした。そしてやり始めた当初は“短期的なウイルス対策”として導入したわけですが、パンデミックが終息した後の世界でも必要とする対応となるでしょう。

COVID-19、美容業界、美容院

対人ビジネスによる具体的対策

専門家の議論によれば、コロナウイルスの蔓延を遅らせるにはマスクの着用と、ソーシャルディスタンスの維持が重要だと言われています。世界中でロックダウンが一旦終わると、ビジネスは再び動き始め、ヘアスタイリングやネイルトリートメントなどのハンズオンサービスを提供する美容関連企業は、サロンの受け入れ客数を制限したり、客同士を離す為に座席の間隔を空けたりするなど、新しい規則やプロセスを確立しなければなりませんでした。

共同エリアを使用回ごとに必要があるため、通常よりも余分に時間を割り当てる必要もあるでしょう。デパートで行われている一部のサービスに関しては完全に中止しなければならない場合も出てくるでしょう。

一方化粧品小売業者や美容コンサルタントなど、他の美容関連企業は様々なデジタルツールを駆使して、今までの顧客とのタッチポイントをデジタル上で行うことで、その関係を維持する事ができます。これらのデジタルツールが美容業界の今までにないニューノーマルの基盤を築いているのです。

 

デジタル革命による商品と顧客サービスの提供

美容業界は、パンデミックの発生よりも以前から、革新的なテクノロジーサービスを採用して、商品やサービスを提供することで、クライアントをキープするなどデジタル革命を推進してきました。例えば、人工知能に拡張現実プラットフォームを搭載したスマートフォンやWebアプリなど顧客が使い慣れたデジタルツールを組み合わせ、顧客のニーズに合わせていつでもどこでもサービスと商品を提供しています。

仮想お試しアプリでは、ユーザーアクションと拡張現実テクノロジーを組み合わせて、「現実の世界」で化粧品を試すのと同じような体験ができます。スマートフォンさえあれば、AI搭載アプリを利用してアップロードやスキャンした画像上に色々なメイクアップパレットやネイルカラーを試すことができ、購入のきっかけを作ってくれます。

ヘアメイクアーティストなどは、ビデオ会議のアプリとプラットフォームを利用すれば、クライアントと次のカットやカラーの計画、スタイリングのコツや個人レッスンの提供、あるいは予約についてもリモートでコミュニケーションをとることができます。これらのデジタルツールを使いこなすことで、直接会わなくても、パーソナライズされた美容体験を顧客へ提供する事ができます。

一部の新しいデジタルプラットフォームでは、ユーザーの肌の色合いや肌質に関する情報を使用して特定の化粧品をお勧めする事も可能となっています。既存のテクノロジーに基づいて作られたレーザープリンティングや他のツールでは、肌を分析し、適切な量の色とさまざまなタイプの化粧を「プリント」する事ができます。これらのテクノロジーによって、美容専門家は完全にリモートでもサービスや商品を提供できるようになり、今までの対面式よりもはるかに柔軟で高度にパーソナライズされた美容体験を生み出しています。

COVID-19、仮想お試しアプリ、美容、デジタル

ニューノーマル:スマートでパーソナライズされた体験

デジタルツールがあれば、どこにいても美容サービスや商品を使うことができます。そして美容院やネイルサロンなどの個人サービスにおいて三密制限が課された事によって、美容業界はよりクライアントを一人一人注視するようになりました。ある意味COVID-19によるパンデミックは、美の世界で既に生じていた変化を更に加速し、仮想上そして現実両方の世界において、より親密でカスタマイズされた体験を確立する「ニューノーマル」の基礎を築いたと言えるでしょう。

SHARE.

前の記事

化粧品業界を揺るがすビューティテックスタートアップ企業10社

次の記事

Leaf Urban( リーフアーバン ) ~オシャレなフィットネストラッカー~