ヘルスケア・ テック

5Gの技術がヘルスケア業界をどのように変革するか

SHARE.

5Gの技術がヘルスケア業界をどのように変革するか

まだ始まったばかりではありますが、5G技術はすでにプラスの医療成果の創出に貢献しています。

韓国は5Gを採用した最初の国の1つです。またCovid-19の攻撃を受けた最初の国の一つでもあります。このハイテク国家は、コロナウイルスの疑いがある症例の近くにいた人を特定し、連絡を取るのに役立つ接触者追跡アプリケーションを迅速に展開しました。この迅速な行動は、カーブを平坦にし、第一波は最小限被害でのり切りました。

接触者追跡アプリケーションは、高速で低遅延のモバイルデータネットワークを利用することで早い段階で情報を届けることができました。コロナウイルスが遠い記憶になった後でも、5Gが私たちの健康維持に役立つ方法は他にもたくさんあります。

5Gとヘルスケアの関係

5Gは次世代のモバイルデータテクノロジーであり、4GLTEよりもはるかに高速です。それはジッパーであるだけでなく、5Gはインテリジェントな接続とほぼゼロの待ち時間で接続も安定しています。5Gは、IoTデバイスのサポートも強化して、少量の電力で何千ものデバイスが同時に接続できます。

医療提供者(HCP)はプレッシャーの中で仕事をしていることが多いため、必要としている患者に緊急のケアを提供するためには、高速で信頼性の高い接続性が必要です。この次世代接続5Gを持つことで、ヘルスケアの世界に新たな可能性が生まれます。

 

5Gテクノロジーの5つのヘルスケアアプリケーション

5Gは、今後10年間でヘルスケアを変革していきます。今後数年間に期待できる5つのトレンドをご紹介します。

5G、テクノロジー、ヘルスアプリケーション

HD遠隔医療

Covid-19は、すべてのHCPに遠隔医療へのアプローチを再考させる原因となりました。パンデミック中に患者をクリニックに連れてくることは大変危険でした。次に求めらるものはインターネット上での診察です。現在多くの場合、遠隔医療の相談は専用の医療プラットフォームではなく、ZoomやFacetimeなどの商用ビデオチャットアプリで行われました。遠隔医療は、Covid-19以前にすでに450億ドルの規模の産業で、専用の遠隔医療プラットフォームの人気と洗練度は今後も高度化を続けていくでしょう。ただし、最大の障害の1つは、サービスの提供です。医師は高速接続を持っていても、それが3Gの患者と話していては意味がありません。

5Gの展開により、これまでになく高速な接続が可能になり、速度は4Gの最大100倍になります。 加えて、5Gは、Voice over 5G New Radio(VoNR)などの新しい通信オプションも提供しています。強化された接続性により、ウェアラブルからのリアルタイムストリーミングを可能にし、大きなファイルの迅速な転送を可能にすることで、データが豊富な遠隔医療セッションも可能になります。

 

ウェアラブルモニターからのリアルタイムデータストリーミング

ウェアラブルは、ヘルスケアの2つの領域に影響を与えます。まず、医師はウェアラブルデバイスからデータに直接アクセスできます。たとえば患者が5G対応の心臓モニターを装着して、不整脈が発生した場合に医療チームにアラートを出すことができます。これらのデバイスからのデータは、遠隔地の患者の遠隔医療体験も豊かにします。

ウェアラブル技術のもう一つの重要な側面は、ヘルスケアの自己管理への影響です。ウェアラブルは私たちの行動を変える可能性があります。5Gは、ウェアラブルテクノロジーで可能なことをさらに拡張します。これらのデバイスは、Bluetooth経由で電話やその他のデバイスに接続するのではなく、5Gを介して独立して接続できます。その結果、個人とその医師の両方が、ヘルスケアの決定を導くのに役立つデータを利用できるようになります。

ウェアラブルモニター、警報、アラーム

迅速なファイル送信

HCPは非常に大きなファイルを処理でき、 1回のCTスキャンは200MBまで実行できます。ただファイル転送はケース処理時間に無駄な時間を要する場合があります。たとえば、放射線技師が1日に25人の患者を診察するとします。患者ごとにスキャンのダウンロードに平均2分を費やした場合、1営業日あたり50分が無駄になります。次に、ネットワークの可用性の問題があります。定義上ネットワーク環境が悪くなる時は多くの人がファイルにアクセスしているときです。つまり誰もがピーク時にネットワークを使用しているため接続性が低下し転送速度が遅くなります。これまで見てきたように、5Gは以前のデータネットワークよりもはるかに高速です。5Gは、既存の4Gネットワ​​ークの最大20倍のデータを伝送できます。接続されているデバイスの数が多い場合でも、これは、HCPがピーク時でも最高速度でファイルをダウンロードできることを意味します。

 

自動運転の救急車

5Gといえば、一般的には自動運転の自動車が連想されます。接続性が強化され、遅延が少なくなることで、車両は交通信号などのIoT対応デバイスと通信しながら、街中を安全に移動できるようになります。

自動運転の救急車には多くのメリットがあります。第一に、救急隊員が運転する代わりに患者のケアに集中できるようになります。Covid-19のようなパンデミックがまた発生した場合、自動運転の救急車は、乗務員を感染症にさらすことなく患者を病院に運ぶことができます。

問題は、特に高速で運転しているときに、自動運転車が安全に行えるかどうかです。考えられる解決策の1つは、救急車と飛行ドローンの2台の車両をチームとして配備することです。このモデルでは、ドローンは救急車が移動するときに救急車の前に留まります。ドローンのカメラが交通状況を監視し、危険を察知して、救急車に最適なルートを提案していきます。あらゆる種類の自動運転システムは低遅延の接続を必要とするため、依然として5Gテクノロジーに依存します。

 

VRを介した遠隔医療処置

バーチャルリアリティ(VR)には、トレーニングやシミュレーションなど、ヘルスケアにおける多くの場で活躍しています。VRはリソースを大量に消費し、データ接続では実行速度が遅くなる傾向がりますが、5Gで改善することができます。第5世代のモバイルデータは、20ミリ秒未満のエンドツーエンドの遅延でデータ接続を可能にし、モバイルデータ上でもリアルタイムに近いものでVRシミュレーションを実行できるようにします。

ヘルスケアの場合、これは医師が文字通り2つの場所に同時にいることができることを意味します。専門家はVRヘッドセットを使ってある場所に座り、世界の反対側で行われている手術を見ることができます。そして、現場の外科医に指示を出したり、リモートコントロールデバイスを使って支援することができます。

このような5G技術の応用は、すでに英国の救急隊員を使って実際に実証されています。このテストでは、患者のトロリーの上に180度のカメラを備えた5G接続の救急車と、救急隊員が着用する遠隔操作のロボット手袋を使用しました。

この試運転では、医師はVRヘッドセットを使用して、2マイル離れた患者があたかも自分の目の前にいるかのように診断することができました。その後、医師はロボットグローブを操作して、超音波検査を行う事ができました。

5G,VR、医者、治療

ヘルスケアにおける5Gテクノロジーのリスク

HCPは、テクノロジーについて考えるときにセキュリティを第一に考えなければなりません。
患者に対する道徳的・倫理的義務があるだけでなく、HIPAAの規則では、医療提供者が潜在的な脆弱性について甘く見ていると罰せられる可能性があります。

5Gは安全と言えるのでしょうか? 5Gは構造的に安全です。特に機密情報にエンドツーエンドの暗号化を使用している場合は安心して使用できます。実際、新世代の 5G 技術は、歴史的な脆弱性を含む古い技術を一掃する可能性があります。

しかし、どのようなネットワークも最も弱いリンクと同じくらい強力であり5Gは多くの新しい接続を導入しています。自走救急車であろうとウェアラブルヘルスモニターであろうと、すべてのデバイスは潜在的な攻撃ベクトルです。

これらの脅威を管理し軽減することはできますが慎重な計画とセキュリティ第一のアプローチが必要です。
5Gセキュリティに関する最近のブルッキングス研究所の論文を引用します。
“プロアクティブな5Gサイバーセキュリティの機会を逃すことによる事後的なコストは、前もってのサイバーデリジェンスのコストよりもはるかに大きくなるだろう。” 適切な計画を立てれば、5Gはすべての人に安全でつながりのある未来を提供することができます。

SHARE.

前の記事

アルゴリズムの技術で性犯罪者を追い詰める

次の記事

医療業界のAIについて今知っておくべき事

関連記事