intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

避妊アプリを使うべき7つの理由

.避妊アプリや妊活アプリは、普段の避妊方法にプラスして役立つものです。自然な形で妊娠を防いでいる人には、これらのアプリが特に有用です。妊娠しやすい時期を把握していれば、その日は性交渉を控えたり、避妊具の使用などの別の予防法を使うことができます。

アプリにもよりますが、最大で93%の精度が期待でき、これは避妊用のピルを使うのと同等の効果があります。一方、男性用コンドームは87%の効果しかありません。ただし、アプリによっては最後の生理日から推測するものもあるので、選択の際には注意が必要です。より精度を高めるためには、体温や症状の管理など、他のデータを組み込んだアプリを探してみましょう。

自己管理ができることなのに、なぜ避妊アプリを使用するのか、その理由を考えます。

1. 自分の体の声を聞けるようになる

 Natural Cycles Clueなど正確制の高い妊活アプリは、日付のみでなく、体の症状をチェックして周期を記録しています。体調の変化など細かく記すことが可能なので、、体温、食欲、粘液の分泌状態など、注意すべきサインを知ることができます。多くの女性は、これらのアプリを使用することで、自分の体について様々なことを把握できるのです。

 

2. ホルモンや副作用の心配が無用

残念ながら、多くの避妊法にはホルモン剤が含まれており、これにはかなりの副作用があります。ピルからデポプロベラ注射まで、副作用には次のようなものがあります。

  • 乳房の違和感
  • 月経周期の乱れ
  • 性欲減退
  • 吐き気
  • にきび
  • 体重増加
  • 頭痛

女性の大部分はこれらの影響を危惧しています。コンドームのようなバリアフリーの方法でも、感覚低減の影響があります。

バースコントロールアプリ, 妊活アプリ, 家族計画, 自然なバースコントロール, フェムテック, 生理のトラッキング, 妊活のトラッキング

3. より主体的になる

自分の症状や受胎状況を記録するのは、不自然に感じるかもしれませんが、それは、あなたの恋愛を少しシンプルにする手助けをしてくれます。アプリの多くは、妊娠可能期間内かどうかを一目で確認できるので、避妊具の心配をせず、愛し合うことができるのです。きちんと記録をしていれば、瞬時に正しく確認できます。

楽しい夜を過ごそうと思ったら、アプリを覗くだけで、楽しんでいいのか、注意を払うべきなのかすぐにわかります。

 

4. 安全を確保するための選択肢を増やす

誰もが同じレベルの妊娠力があるわけではありません。他の避妊具を使用したにも関わらず妊娠を経験した女性にとっては、安心感が加わることで自信に繋がります。例えば、妊娠しやすい日には性交渉を避け、それ以外の日には避妊具を使用するようにすれば、アプリを使用していて妊娠してしまった女性の7%に該当する可能性は低くなります。1つの方法で不安が拭えない場合は、方法を二重化することは良い選択であり、避妊アプリは、安全性を高める簡単な手段です。

 

5. 人生をよりよく計画するために

生理が突然やってくるのは誰でも嫌なものです。手動で記録していると、気が散って忘れてしまうことがあります。アプリを使うことで、簡単に記録を残せます。また、PMS(月経前症候群)の時期には警告が表示され、生理予測日を避けて旅行などの計画を立てることも可能です。些細なことかもしれませんが、数ヶ月先の周期を正確に把握できるのことは、決断をする際の大きな手助けになります。

スキューバダイビングの旅行計画を立てると想像してみてください。アプリをチェックするだけで、3ヵ月後の生理予定日がわかります。簡単に確認でき、生理中にバカンスやウォーターレジャーを設定してしまうことを回避できます。

バースコントロールアプリ, 妊活アプリ, 家族計画, 自然なバースコントロール, フェムテック, 生理のトラッキング, 妊活のトラッキング

6. 子供を授かるための準備

将来、妊娠を望んだ場合、受胎可能な時期を把握していれば、計画が立てやすくなるでしょう。 また、予め準備しておくことで、自分が望んだ時期に確実に妊娠に繋がります。妊娠を希望している場合はもちろん、そうでない場合でも、自分の生理周期を把握していると、物事の全体的な理解が深まります。

妊娠の準備が整った後も、同じアプリに記録されている数ヶ月または数年分のデータを使い、簡単に継続して使用できます。受胎するのに最適な日を決定できるので、妊娠に向けての計画や、準備にも役立つのです。

 

7. 手動トラッキングによる不確実性の低減

手作業で周期を記録したり、自分で計算したりもできますが、アプリですべてを管理したほうが便利です。優れたアプリならば記録すべき大量のデータを整理してくれます。多くの人は、すべてを書き留めてから妊娠可能な時期を計算する作業に煩わしさを感じるでしょう。本質的におしゃれな計算機があなたのために、その仕事を担ってくれるのは素晴らしいことです。

また、自分自身でトラッキングを行う場合は、大きな誤差が生じます。アプリで管理をすれば、外部からの計算が可能です。中にはAIを使い、精度を高めるものもあります。誤差はつきものですが、避妊アプリの助けを借りれば、失敗する可能性は低くなります。

妊活アプリを利用する理由は、妊娠を計画するためだけではありません。受胎可能な時期を回避する大きなストレスを解消するためにも利用されるのです。

 

<関連記事>

Leave A Reply