intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

DFree-排泄予測が可能なウェアラブルデバイス

DFreediaper-freeの略で、膀胱のふくらみを超音波で計測してくれるウェアラブルデバイスですこれは専用アプリと連動し、膀胱が一定の容量に達するとトイレのタイミングを知らせてくれます 

 

尿失禁のためのDFreeウェアラブルデバイスが存在する理由 

尿失禁に悩んでいるけれどおむつを履くのは抵抗があったり、不快感があったりするという人に最適なのがこのDFreeです。常に近くのトイレの場所を気にしたり、おむつを替えるタイミングを悩んでいたりすると自立した生活を送るの難しくなってしまいます 

このウェアラブルデバイス DFree を使えばトイレに行くタイミングを事前に教えてくれるので、おむつやパッドを付けなくても快適に生活することができます 

 

DFreeの実用性 

DFreeは、失禁に悩む高齢者障害者、その他の人々を助けますさらに、パーソナルモデルとプロモデルの2つのモデルがあり、前者は個人向け後者は介護者向けです。実際、2017年から500以上の高齢者ケアの団体がDFreeを導入しており、これらの組織はケア効率を改善して、ケア時間を30%削減、そしておむつとパッドの費用を最大50%削減することに成功しています 

 

尿失禁に対するDFreeウェアラブルデバイスの利点 

DFreeには下記のようにたくさんの利点があります。 

  • 一人でトイレに行きたくて困っている方のために、適切なサポートを提供 
  • 失禁に関する介護者と介護者の双方の負担を軽減し、ストレスを軽減 
  • 付属のケーブルで簡単USB充電が可能 
  • 一回の充電で24時間動作し、バッテリーが少なくなるとアラートを送信。 
  • レシーバーがLEDインジケータライトを通してデバイスを正しく配置するようにガイド 
  • パーソナルモデルは、BLE信号に基づいて325フィートの範囲を維持 
  • プロモデルは、160フィートの距離を持つWi-Fiベースステーションに接続。ネットワーク接続の強度は、アプリケーションで確認可能 
  • 幅広いモバイルデバイスに対応iPhone 5以上、iPod Touch第6世代、iPad 5、iPad Air、iPad Mini 2iOS10以上のiPad ProAndroidデバイス 
  • 専用アプリがトイレのタイミングを事前通知してくれるので、介護者は積極的に患者や介護施設の入居者のためにトイレの介助を行うことができ、一人の場合でも自分でタイミングを把握できる 
  • 専用のアプリで、膀胱のふくらみの変化と排尿時間を記録し、これらのデータを追跡できる 
  • 介護者は1つのパネル上で複数のDFreeメーターを追跡し、排泄介助する時間を簡単に管理することが可能。また、このアプリを使って介助の時間と様子を記録することもできる。 
  • 介護者はインターネットに接続されたタブレットコンピュータ、およびスマートフォンを使用して、外出先のデータをリモートで監視できる。 
  • 介護者はセンサのデータに基づいて適切な時間に介助できるため、回診中患者たちに平等な介助の提供や、質の高いケアを提供できる 

介護, DFree, おむつ, 排泄, 失禁, 高齢者, 障害, 膀胱, トイレ

DFreeデバイスの欠点 

DFreeはおむつとパッドの費用を減らすことができますが、DFreeの利用にも費用は掛かってしまいます。しかし場合によっては、保険適用対象になったり、金融庁から補助が出たりすることもあります 

排泄のデータをアプリ上で管理することは、人によっては難しいと感じるかもしれません。介護者がこれを管理している場合特に問題ありませんが、個人で使用している人にとって難しい可能性があります。 

患者さんによっては、超音波センサーの装着に不快感があったり、装着や取り外しが困難に感じたりする場合があります。 

 

DFreeウェアラブルデバイスの価格 

個人や家族介護者向けに設計されたDFreeパーソナルモデルは、MSRPが$399です。このデバイスを使用すると、アプリケーションは通知を送信し、個々のデータを追跡します。 

DFreeプロモデルは定額制で月に100ドルの支払いが必要です。この契約には端末のレンタル、患者の排泄状態を遠隔監視するためのクラウドサービスへの接続、2つのWi-Fiベースステーションが含まれています。このモデルは介護施設在宅ケア機関、病院、医師、看護師、およびその他の専門ケア提供者を対象としています。 

 

DFreeと似たようなデバイス 

失禁用のウェアラブルデバイスの市場は比較的少ないといえますNovioscanのSENS-U KidsというデバイスはDFreeのような超音波センサーを使っていますが、対象は6歳から12歳までの子供だけとなっています 

Lir ScientificのBrightlyもウェアラブルデバイスで、これは2015年に発表され、それ以来開発が続けられており、未だ市販されていません。 

また、Innovoはストレスや骨盤底筋の筋力低下による尿失禁を対象としたTENSユニットです。特に女性はこのの失禁を減らすために、これを用いて30分間骨盤底筋のトレーニングをすることができます 

DFree失禁に苦しむ人々とその介護者にとって強力な補助になります。優れた医療技術で、すぐに利用者の生活の質を大きく改善してくれるでしょう 

Leave A Reply