intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

Reliefband® 2.0が存在する理由

吐き気と乗り物酔いはやっかいなものです。日常生活でも休暇を楽しんでいる時も、吐き気は関係なくやってきます。Reliefband® 2.0は、乗り物酔いの影響を軽減または排除するために神経に電気パルスを送る神経変調装置です。 Rhaeliefband® 2.0は手首に装着し、導電性ゲルを接触部に塗布して電気パルスを送ることで日常の乗り物酔いの影響や手術後の吐き気を軽減するために制吐薬と併用されます。

Reliefband® 2.0が役立つ場面

「Reliefband® 2.0」は、幅広い方々にご利用いただけるように設計されています。 このウェアラブルから役立つ場面は以下のものがあります。

・ 電車、船、車、飛行機で移動する場合

・漁師・船舶愛好家

・副作用として吐き気を伴うことが多い化学療法を受けている人

・  術後に悪心を起こした患者・ 抗悪心薬に対する耐性が低い人、または薬による副作用を経験している人

吐き気、嘔気、乗り物酔い、嘔吐が生じた場合は、必要に応じて本器を使用してください。Reliefband® 2.0に導電性ゲルを塗布し、電源を入れるだけで簡単に使えるようにセットアップできます。

Reliefband® 2.0の利点

「Reliefband® 2.0」は、同社の主力製品のアップグレード版です。 改良された点は機器のデザイン性、使いやすい手首のバンド形状、USB充電式バッテリー、低アレルギー性外科用鋼製の使用です。

吐き気止め装置には10段階の強度があり症状に応じて調整していきます。中電力レベル以下の場合、17時間の連続使用が可能で約45分でフル充電できます。水や水しぶきに強いのでボートや雨の日に持っていくことができます。

この酔い止めを使用しないReliefband® 2.0は、乗り物酔いを頻繁におこすが薬による副作用の可能性を避けたい人にとって非常に魅力的です。 小型でフィットネスバンドやスマートウォッチのように見え、日常使いにも向いています。

旧製品では銅でコーティングされたものを使用していましたが、Reliefband® 2.0はアレルギーのある人にも使えるように低アレルギー性でラテックスフリーの素材が使用されています。

Reliefband® 2.0の欠点

Reliefband® 2.0にUSB充電を追加することで、煩わしい電池交換の手間換を省きました。しかし旧製品の連続使用可能時間は150時間と長く、対して17時間連続使用可能なReliefband® 2.0は頻繁に充電する必要があります。

容量問題以外では、デバイスのスリープモードでもバッテリーが消耗します。 充電ケーブルを外すとスリープ状態になりますが、電源が入っていることはわかりづらく、 スリープモードの電池消耗を避けるため、充電後は完全に電源を切らなければなりません。

Reliefband® 2.0は、独自のUSB充電ケーブルを使用しており、標準USBケーブルを使用できません。手首のバンドのJ字型は、簡単に装置を外したり、取り付けたりするのに役立ちますが、手首の形によっては不快感を感じることがあります。

Reliefband® 2.0価格設定

Reliefband® 2.0は199ドルで非常に高価です。 同社の旧製品は半分の価格でコア機能はReliefband® 2.0と同じです。 メーカーには返品制度もがあるので、乗り物酔いの軽減が期待できなければ、簡単に送り返せます。

Reliefband® 2.0 購入者レビュー

多くのReliefband® 2.0の購入者の評価は高く、気や乗り物酔いの緩和に対する期待に応えており、使いやすいとレビューしています。 マイナス評価の大半はバッテリーの寿命と価格に焦点が当てられており、そのため旧製品を使用することを選択する人もいました。

Reliefband® 2.0の代替品

前述の旧製品以外では、Reliefband® 2.0に代わるものとして、Seabandと制吐薬の2つがあります。

Seabandは、手首のP6ポイントを押すプラスチック製スタッド(Reliefband® 2.0ターゲットと同じ神経)を備えた$13の指圧バンドです。 電気を使わないので、電池切れを心配する必要はありません。 手ごろな価格で、効果が感じられなかったとしても金銭的な負担にはなりません。Seabandは大人や子供向けのバージョンを提供しており、旅行店や他の小売店で購入可能です。

乗り物酔いの症状を緩和するために、市販薬や処方された薬は、様々な形態と価格のものがあり効果のレベルはまちまちです。 酔い止めを使用する最大の欠点は眠気などの副作用のリスクがあることです。

「Reliefband® 2.0」は薬を使用しない乗り物酔い緩和装置として、さまざまな吐き気の症状に対応しています。 高価ではありますが価格以上の機能を備えていて多くの人々の吐き気症状の軽減に役立っています。

Leave A Reply