ヘルスケア・ テック

スマート病院を活用して、迅速に救命し生産性を高める方法

SHARE.

スマート病院を活用して、迅速に救命し生産性を高める方法

Data Bridge Market Researchによると、2027年までに、Smart Hospitals Marketは1023億1000万ドルの大幅な成長を実現し、CAGRは20.2%、2020年から2027年の予測期間になると予測されています。この市場は、医療従事者や患者の間でスマート病院のメリットに関する認識が高まるにつれて大きく成長しています。

技術的な可能性、デジタル化、自動化は様々な産業の成長を促進し、医療も例外ではありません。その当面のニーズ(例えば、コスト管理と効率の最適化)と長期目標(より高い精度、より高い効率、より良い結果)は、人工知能 (AI) 、ロボット工学、精密医学、バーチャルリアリティ、インターネットオブシングス (IoT) 、使用可能なデバイスなどの一連の新技術を医療提供に統合することにより、スマート病院の採用を促進するいくつかの要因です。さらに、政府による投資の増加と新興経済国の成長は、スマート病院市場内に新たで広範な機会を提供することが期待されています。

McKinsey&Companyによると、医療にデジタル技術を採用することで、ほとんどのOECD 1諸国で年間医療費全体の10%以上を節約できると言います。

 

スマート病院の実態

スマート病院とは、新しい臨床プロセス、管理システム、さらにはインフラの最適化、再設計、および作成するテクノロジー対応の病院です。

これらは、デジタル化されたネットワークによって設立され、患者のケア、経験、および運用効率を改善するための貴重なサービスを提供します。医療業界のデジタルトランスフォーメーションのおかげで、スマート病院は生産性を向上させ、患者の満足度と柔軟性を向上させます。

今回の記事では、高度なテクノロジーが医療を変える方法を学びます。

医療, 最新医療, 電子医療記録, 電子カルテ, AI, スマートデバイス

スマート病院の利点

スマート病院の利点には、作業プロセスの合理化、より多くのデータによる医療の意思決定の強化、患者と医療従事者間の効果的なコミュニケーションの確立による顧客満足度の向上、機械の効果的な動作の確保などがあります。さらにスマート病院は、特定のスペースが使用されていないときにエネルギーと電源を節約することでコストを削減します。

またスマート病院は、患者が看護師に電話したり、温度や照明を制御したりできるアプリを提供し、患者の満足度を向上させることができます。このような患者の満足度は、患者と医療機関の両方にとって重要な役割を果たします。「American Society for Healthcare Engineering」が実施した調査によると、友好的な環境は患者の回復を早め、平均2.5日前に退院させることができるのです。

これらのスマートヘルスケア機関は、治療を提供するだけでなく、回復のための安全な環境を提供することによって、患者の健康を守るのに役立ちます。世界保健機関(WHO)によると、換気は、院内感染の伝播を減らすことができ、患者の安全と治癒を促進するための効率的なステップになる可能性があると伝えています。標準の気流設計は、1時間の空気の変化に基づいていますが、WHOは、感染を減らすために患者ごとに設計することを推奨しています。これは、スマート病院のインフラを通じて簡単に実現できます。

さらにスマート病院は、管理タスクの自動化と生産性の向上にも役立ちます。また、タイムスタンプが付いている製品の場合、医薬品の入手、保護、保管、使用状況の追跡など、医薬品やその他の消耗品の効果的な管理にも役立ちます。

 

スマート病院の進化の背後にある推進要因

米国で行われた調査によると、外来患者の検査の5%は不正確であり、検査の誤りは患者の死亡の約10%に寄与し、整形外科医の約20%はキャリアのある時点で間違った部位の手術を行っています。そして、毎年約40万人のアメリカ人が医療過誤のために亡くなっています。また発展途上国では、誤診率がさらに高くなる可能性があると推定する報告もあります。

AI、自動化、その他の高度なテクノロジーを活用すると、病院は患者のプライバシーを尊重しながら治療の精度を向上させ、このようなエラーの可能性を大幅に減らすことができます。

医療, 最新医療, 電子医療記録, 電子カルテ, AI, スマートデバイス

患者の意識の高まり

インターネットとテクノロジーの使用の増加により、患者は医療システムへのアプローチ方法を変えました。患者は、医学的な診断と治療を受動的に求めるのではなく、より多くの情報を得てプロセスに従事したいと考えています。したがって医療提供者は、患者中心になるようにシステムを変更しています。高度なテクノロジーにより、患者はオンライン相談、学際的なチームサポート、およびその他の新しいケア提供基準を利用して、病院がより患者志向になるのを支援できます。

 

健康管理の確立

患者のヘルスケア計画は、より完全なシステムにシフトしています。これには、患者の健康とライフスタイル、病気の予防、および回復が含まれます。したがって、医療費の支払いコストと費用が大幅に減少します。この変化は、世界中の多くの国で起こっています。たとえば、シンガポールは、家庭、職場、学校での情報と病気の予防計画を支援することにより、住民が健康的な生活習慣を受け入れることを奨励する組織を設立しています。

 

高度なテクノロジーとスマートデバイスの大規模な成長

スマート病院は、センサー入力を利用し、ヘルスケアでカスタマイズされたAIアプリケーションをトレーニングする機械学習システムとともに、赤外線センサーの可用性も推進されています。これらのセンサーは病院の内外で非常に有益であり、人が病院の入り口で手を洗ったかどうかを確認して臨床チームのメンバーに警告するなど、幅広いアプリケーションを提供します。

 

結論

医療システムは、分散型ケアの提供と患者中心の革新的なアプローチの改善のために、強力なテクノロジー対応病院への移行を継続します。スマート病院は、介護者とプロバイダーの両方に完全なヘルスケアエコシステムを提供し、代わりにさまざまな社内サービスに焦点を当て、より広範なケアサービスに柔軟かつ効率的に対応します。

 

SHARE.

前の記事

ロボットアーティスト ~アートに人工知能の新しいトレンドを迎えて~

次の記事

Covid-19が患者のチェックイン体験をどのように変えたか