intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

チャットボットが医療業界をどう変えているか

​2020年は、医療業界にとって究極のストレスであったと同時に、​医療機関がテクノロジーへの投資の価値に気づいた年でもありました。​最も重要な新技術の1つが、ヘルスケア・チャットボットです。​これらのスマート・インターフェースは、診断を予約し、患者の治療の優先順位をつけ、継続的な治療を提供することができます。

 

チャットボットとは

​会話型AI (Conversational AI) としても知られるチャットボットは、人々がデジタルシステムと自然な会話をすることができるシステムです。

人工知能 (AI) アルゴリズムは、人間によってプログラミングされていなくても、人工知能自身が意思決定を行います。​今日ではあらゆる場面でAIの応用が見られます。​例えば、NetflixやAmazonには、行動情報を研究して好みのプロフィールを作成するデータ処理アルゴリズムがあります。​そのため、AIはユーザーが好きそうな映画や製品を、推薦することができます。

会話は、自然言語処理 (NLP) の機能です。​人間とコンピューターは基本的に異なる言語を話すため、コミュニケーションの障害となっています。​これまでは、メニュー、グラフィカル・インターフェース、そして限られた構文コマンドを使って、人間のユーザーにコンピューターの言語を話させてきました。​NLPはその関係を反転させ、コンピューターが私たちの言語を理解できるようにします。

会話型AIは、NLPを使用して、入力と出力ができるオーディオまたはテキストの読み上げをします。​よく知られている例としてはAlexaやSiriがあります。

 

チャットボットは医療にどのように役立つか

​チャットボットは初歩的な知能しか持っていないため、決められたプロセスや限られた条件の中での仕事に適しています。医療機関では、同じ作業を繰り返す仕事に最も効果的です。

医療機関で繰り返し発生する仕事について考えてみると、次のような例が挙げられるでしょう。

  • ​営業時間や連絡先の詳細などの基本的な質問への回答
  • ​予約および予約日の変更
  • ​支払の手配または保険詳細の処理
  • ​診断Q&Aの実行
  • ​軽度の病気に対するセルフケアのアドバイス
  • ​基本的な応急処置アドバイスの提供
  • 薬剤および治療レジメンの明確化
  • ​患者のアドヒアランスのチェック

​Chatbotは簡単にこれらのプロセスの一部を引き継ぐことができます。​これにより、スタッフの負担は軽減され、より緊急の治療に集中できるようになります。

​医療機関の多くがすでに様々なプロセスをデジタル化しています。​ただし、患者はコンピューター操作に慣れていないこともあるため、デジタル化に対応できないことがあります。​しかし、ヘルスケアチャットボットは、オンラインツールやアプリよりも患者に焦点を当てたアプローチです。​チャットボットは人間の会話を完全に模倣することはできませんが、アプリよりも対面体験にずっと近い体験を提供します。

 

ケア提供を改善する5種類のヘルスケアチャットボット

​ヘルスケアAIは急成長している分野です。​今後五年間で20億ドル規模の産業に成長し、医療のあらゆる面で変化が見られるでしょう。​しかし、患者にとってそれは何を意味するのでしょうか。

​ここでは、診療所、病院、保険会社、そして患者自身によってすでに一般的に使用されている5種類のヘルスケアチャットボットを紹介します。

 

​事務管理システムと患者のやり取り

チャットボットは、診療所や病院に来る多くの問い合わせを処理することができます。​NCRTSのMedical Chatbotは、そのような患者向けソリューションの1つです。​患者との音声通話を処理し、関連情報を提供し、特定の管理プロセスを起動できます。

​患者はチャットボットに直接電話して以下のような質問をすることができます。

  • ​営業時間の確認
  • ​予約が可能か否か
  • ​予定の再スケジュール
  • ​診断パッケージに関する情報​•医師の対応状況​•クリニックへの行き方

​これらの各機能は、特定のバックオフィス機能にリンクできます。​例えば、電話をかけてきた人が予約を取ると、チャットボットは予約システムに直接接続して日時をスケジュールできます。​チャットボットはまた、オンラインFAQのように機能するFAQサービスを提供することも可能です。患者が質問をすると、チャットボットはNLP技術を使用してFAQの最も近い項目を探し、マッチした答えを見つけて患者にその情報を読み上げます。

 

治療の優先順位と応急処置

チャットボット 医療チャットボット ヘルスケアチャットボット AI 人工知能 NLP 

​患者が医療機関に連絡する際には、まず現在の症状を確認します。​この情報に基づいて、医療機関は適切な行動に移します。​通常、このプロセスには一連の診断用の質問が含まれており、次に何を行う必要があるかを大まかに知ることができます。​例えば、緊急治療、医師との相談、またはセルフケアのアドバイスなどです。

Senselyツールを使用すると、ユーザーはMolly仮想ビデオアシスタントと対話できます。​Mollyは症状をチェックし、質問を通して健康データを収集します。

​Senselyは、医療情報の巨大なデータベースをもとに患者を治療します。​結果に応じて、Mollyはユーザーに911に電話するか、病院に予約をするか、自宅で症状の経過観察を続けるかのいずれかを指示します。​チャットボットは、重要な応急処置情報を伝えることもできます。​

Zobiは、Facebook Messengerで動作する人気の救急チャットボットです。​ユーザーはFacebookの友達と話すのと同じようにZobiと会話し、基本的な応急処置について教えてもらうことができます。

 

臨床アシスタント

医師は患者を治療する際にもAIの補助を必要とします。​臨床アシスタントのチャットボットには多様な分野がありますが、主に3つの主要分野に焦点を当てています。

文書管理

医師は記録を検索し、情報をすばやく見つける必要があります。​NuanceのDragon Medical Oneのようなツールは、音声に反応してその内容を汲み取り、探していた文書を提示してくれます。

​文字起こし

多くの医師は、患者データの収集に文字起こしサービスを利用しています。​効果的な方法は、音声からテキストへの変換システムで、AIを利用して精度を高めています。

消費者向けチャットボット 「Alexa」 の開発者であるAmazonが、 「Amazon Transcribe Medical」 でこの分野に参入しました。

診断ツール

医療専門家には、信頼に足る結果が得られる、プロレベルの症状チェッカーが必要です。​MedWhatのようなツールは、膨大な出版物を検索することでセカンドオピニオンを提供するのに役立ちます。

​チャットボットがすぐに医師に取って代わる危険はありません。​しかし、AIを利用した音声アシスタントは、医師から多くのストレスや事務処理の負担を取り除き、患者に集中することができるようになります。

 

ケアとサポート

​患者は、必要なときにケアを得ることが難しいこともあります。特に精神的なケアの場合に顕著で、ケアできる人と会う約束をするのに数ヶ月かかることもあるかもしれません。

一方で、​チャットボットはいつでも必要な時に有意義なアドバイスを提供できます。​Woebotは、ユーザーがメッセージアプリを使ってテキスト形式でコミュニケーションを行うチャットボットで、ユーザーはチャットボットに自分の一日の出来事や気分を伝え、それに対してWoebotが自然な言葉でアドバイスを提供します。

Woebotは、入力されたテキストから感情を分析し、認知行動療法の規範に基づいて信頼できる指示を作成し、NLPがそれを人間らしい言葉に変換する仕組みになっています。

​この分野のもう一つの参入者はYouPerで、もう少し積極的なアプローチをとっています。​ユーザーはアプリで目標を設定し、自分の気分を記録します。それに基づいて内蔵されたバーチャルセラピストが、目標を達成するためのアドバイスを提供します。もちろん、このアドバイスも認知行動療法の規範に基づいています。

 

治療計画アシスタント

チャットボット 医療チャットボット ヘルスケアチャットボット AI 人工知能 NLP 

​医師は、運動、食事、投薬スケジュールなどの治療計画を患者自身に任せます。しかし、患者自身は薬を飲み忘れてしまうことが多々あります

​薬指示の遵守に役立つ可能性があるチャットボットとして、​Florenceは、Facebook Messenger、Skype、Kikを介して患者とつながることができるデジタルナースです。Florenceに患者の薬のリストを渡せば、薬摂取時にリマインダーを送ります。​患者は服薬を確認することができ、服薬遵守率のモニタリングに役立ちます。

​この機能は、スケジュール管理に苦労するであろう高齢で弱った患者に非常に有用です。​Florenceのような医療チャットボットは、患者に体重、体温、血糖値、血圧値を提出するよう求めることで、データ収集にも役立ちます。さらに、収集した情報を関連する医療提供者に直接転送することができます。

 

医療チャットボットに関する懸念と問題

​AIはヘルスケアにおける多くの問題を解決できますが、チャットボットは万能薬ではありません。​会話型AIソリューションの導入を検討している場合、考慮すべき点がいくつかあります。

•プライバシー:患者データは、HIPAA (医療保険の携行性と責任に関する法律) およびその他の地域データ法によって管理されます。​上記のソリューションのほとんどはHIPAAに準拠していますが、法律に従っているかどうかを確認するのは自身の責任です。

•セキュリティ:どのような新しいシステムも、サイバーセキュリティ上の潜在的なリスクがあります​。新しいチャットボットを含め、ITセットアップ全体を独立して監査する必要があります。​脆弱性があると、患者の機密データをハッカーにさらす可能性があります。

•患者の体験:チャットボットは、すべてのユーザにより優れた体験を提供するでしょう。​しかし、患者の評価に耳を傾け、チャットボットのソリューションが本当に人々の生活を楽にしているかどうかを確認することは重要になります。

•統合:多くのチャットボットは、予約データベースに接続する受付ボットのような他のシステムと連携します。​これらの統合が信頼性が高く、安全であり、ITインフラストラクチャの他の部分に影響を与えないことを確認する必要があります。

チャットボット 医療チャットボット ヘルスケアチャットボット AI 人工知能 NLP 

​このような懸念を乗り越えることができれば、チャットボットが全ての立場の負担を削減していることがわかるでしょう。

Leave A Reply