intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

医療データを1つのプラットフォームにコンパクト化

医療の世界では、クラウドベースのプラットフォームやツールへの移行により、これまで以上に多くのデータが利用可能となり、デジタル革命が起きています。しかし、この「ビックデータ」の時代は、医療機関が治療に関する様々な情報にアクセスすることが可能になる一方で、患者と全ての医療機関が共通のデータを利用できるようにするには、新たな課題が生じていると言われています。

それを解決するのが「AirStrip ONE」です。

医療技術の革新者であるAirStrip Technologies(以下「AirStrip社」)が開発した「AirStrip ONE」は、新しいデジタルプラットフォームであり、医療全般にわたる複数の情報や異なるオペレーティングシステムからのデータを、診療に関わる全ての人が即座に利用することが可能になります。AirStrip社のデータ管理ソリューションを利用すれば、重要な情報を1つのプラットフォームに集約して情報を結合し、診療の質の向上や効率化を図ることができます。

 

医療と医学におけるデジタル化への変革

医療と医学におけるデジタル化への変革は、IoT化によって推進されています。(IoTとは、モノのインターネットのこと。数十億台のデバイスに通信機能を搭載し、データを共有し合うことで、人間が介入することなく自動運転をする、新しい世界的なデジタルエコシステム)

スマートフォンやタブレットなどのデバイスを用いて、クラウド上でのデータ管理を行い、人工知能(AI)の組み合わせにより強化されたIoTには、医療機器や診療データ、「Internet of Medical Things」といった専用ソフトウェアシステムを接続するデジタルエコシステムなど、医療業界特有のシステムがいくつか含まれています。これらの相互接続された環境を利用すれば、医療用ウェアラブル機器からの情報や、患者の申告内容、診療時の画像、複数のクリニックや病院での受診内容などの大量のデータにアクセスすることができ、情報を共有することができるのです。

そこで得られる大量のデータを活用すれば、患者それぞれに合わせた適切な診療につながります。しかし、医療関係者は多忙な日々の業務に追われ、有効な情報を最大限に活用できていないのが現状です。「AirStrip ONE」を利用すれば、様々な情報源から患者の情報を瞬時に確認でき、患者に対してより効果のある治療を行うことができます。

健康管理, IoT, ビッグデータ, 患者, ケア, デジタル化, 電子カルテ, 医療データベース

必要なデータがどこでも利用可能

AirStrip社の経営理念は、臨床医が患者の診療を行っていくなかで、最高のサービスを提供できるような技術開発を行い、現状の医療体制の改善や向上を図ることです。

そんな想いから開発された「AirStrip ONE」は、診療記録、検査の結果やスキャン画像など、患者のデータをいつでもどこからでも確認でき、誰もが使いやすいインターフェースで利用することができます。

「AirStrip ONE」は、多くのプラットフォームやアプリケーションからの臨床データを、統一された項目などに表示させ、医療関係者はモバイルデバイス、ノートパソコン、デスクトップPCなど、いつでも情報にアクセスすることができます。すでにあるIT環境に導入することができるため、専用端末などの新しいハードウェアの準備や、システムの管理を行う為の専用スタッフなどは必要ありません。AirStrip社の認定技術者により設置(インストールなど)し、要望に応じて導入費用の見積もりを行っています。

 

医療ケアにおけるAirStrip ONE

患者の精神的なケアは、医療機関において患者の治療成果を左右する重要な診療であり、特に急性期医療(病気が発症したばかりの初期治療)の現場では、迅速で適切な処置が患者の負担を軽減し、命を救う可能性を高めることにつながります。「AirStrip ONE」は、心臓治療から産科まで、臨床検査ノート、検査結果やその他のデータを、どこにいても臨床スタッフが利用できるため、度重なる検査や不要な処置などを防ぐことができます。

AirStrip ONE, ビッグデータ, 心電図, 心臓病, 急性期医療, 医療ケア

AirStrip ONEによる心電図データ管理

心臓病は米国の死因の第一位であり、心臓発作時には心筋を温存して血流を回復させるために、迅速な処置が必要となります。心臓の状態や損傷の診断には、心電図検査やその他の画像検査など病状の観察を行う過程で使用されますが、この種の検査や測定は複数の専門医により行われます。

これまで、心電図または心調律の測定結果は、細長い記録用紙に印刷され、コピーやラベル付けを行ってから、記録内容をスキャンしてデータに取り込む手間がかかりました。そこで「AirStrip ONE」を使用することで、医療チームの関連部署やメンバーにデータとして情報が共有され、ペーパーレス化することによって無駄なコストを削減、人的ミスなどを防止できるようになります。

「AirStrip ONE」のダッシュボード(様々なソースから複数の情報を集約して表示する機能)で、患者の識別、検査日時、検査結果、心電図記録、心電図結果やその他の心臓検査状況などに関する様々な情報を、リアルタイムで表示し情報を共有する事が可能になります。

 

産科用AirStrip ONE

電子胎児波形モニタリングは、分娩および出産中の母親と赤ちゃん両方の健康状態を確認するための装置で、心電図検査と同様に、胎児監視装置についても状態や結果が紙ベースで印刷され、診療の判断を行っています。しかし、すべての医療者が現場にいて印刷された結果を確認し、即座に処置ができるわけではありません。そこで「AirStrip ONE」の産科機能を使用すれば、医療チームのすべてのメンバーが、いつでも、どこからでも情報を確認することができ、リアルタイムの波形状況や、緊急時などのアラームを確認することができます。処置した内容についても文書化することができ、また患者やその家族との連絡をどこからでも取ることができるようになります。

労力, 誕生, AirStrip ONE, ビッグデータ, 電子胎児波形モニタリング, 出産

AirStrip ONEの代替品

AirStrip社の相互運用可能なプラットフォームは、様々な機能を搭載し、あらゆるシステムやアプリケーションからデータにアクセスすることができます。患者への診療レベルの向上や改善をサポートする革新的な技術となっており、他にも多くの技術革新企業が同様な技術の開発を行っています。

Redox

従来のシステムに、今日のデジタル医療技術を取り入れていくことを目的としています。そのプラットフォームには、遠隔医療、遠隔患者モニタリング、ラボ、医療機器などが含まれており、技術的なスキルなど関係なく、誰もが使用できるようになっています。

Qvera Interface Engine

医療クラウドと連携し、一般的に使用される様々なデータを、ネットワーク、組織、部門間で管理しているプラットフォームに接続できるよう設計されています。

Bridge Connector

DestinationsおよびCareServiceConnect製品との相互運用性ソリューションを提供しています。同社のアプリは、既存システムやプラットフォームと連携し、医療機関全体でデータの共有を行える環境の構築を行います。

2020年には、世界中で発生する医療データの量は、73日ごとに倍増しており、医療機関はIoT技術によって、効率的に医療データにアクセスし管理できています。「AirStrip ONE」は、共通のプラットフォーム、様々な機能、誰もが利用しやすいインターフェースを備えているため、様々な医療機関が、いつでも、どこからでも、重要な患者データにアクセスし情報を共有することを可能にしてくれます。このような技術が、より効果的な診療を行うことに貢献しているのではないでしょうか。

Leave A Reply