intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

医療分野におけるVRの利用 

医療におけるバーチャルリアリティ:アプリケーションと未来の方向性 

ヘルスケア業界はVR技術の利益を多く受けており、手術、外傷治療、ロボット療法、および病気の認識のシミュレーションが含まれますVRは、医師が診断のためにRIMスキャンのような他のツールと連携して作業することができるため、診断ツールとしても使用されます。これは、診断と医師の訓練に革命を起こすと約束されていますグランドビューリサーチ、この需要が2025年までに51億ドルに拡大すると見積もっています。グローバル・ビジネス・アナリストによると、VRヘルスケアの需要は2030年までに12744億ドルに拡大すると予測されています 

VRを使用すると、医師は患者を危険にさらすことなく、新しいテクノロジーに適応し、新しいスキルを吸収することができます。 バーチャルリアリティは、診断、医薬品、治療、カウンセリングなど、多くの健康分野で使用されており、機械で作成された仮想シミュレーションを体験できます。 ヘルスケア市場規模のバーチャルリアリティは、2019年の20.6億米ドルから、2027年までに80.3億米ドルに達すると推定され、予測期間を通じて16.21%のCAGR(年間成長率)を記録します。 

VR革命は、最初のVR手術を行ったシャフィ・アーメド博士によってもたらされました。この手術は、ライブストリーミングされ、オンライン視聴されました。ハーバード大学の研究によると、VRの訓練を受けた外科医は、従来の訓練を受けた外科医と比較して、手術能力が230%向上しました。技術に基づいて、バーチャルリアリティは予測期間中に16.58%のCAGRで成長すると予測されています。 ARは医療業界の実際の環境を改善しますが、VRはそれを完全に置き換えることができ、ユーザーは仮想現実の無数の道を真に探索するために特別なVRヘッドセットを必要とします。 

Global Newswireによると、米国は現在、世界市場で30.09%のVRシェアを占めています。中国は2027年に市場規模を拡大して3億6,940万米ドルに拡大すると予想され、ドイツは約21.2%の成長が見込まれています。 VRは、革新的な救命処置の開発から新世代の医師の指導に至るまで、健康およびヘルスケア分野向けのさまざまな機能を備えています。 2016年には、VRベースのシミュレーションがアプリケーション分野で最も高い売上シェアを占めました。 

VR, ヘルスケア, 健康管理, VRメディカルトレーニング, 医療トレーニング, セラピー, VR診断

VRは改善された医学教育トレーニングを提供し、世界中の医学部や大学がこのテクノロジーを利用しています。たとえば、カリフォルニア州の西部健康科学大学は、解剖学研究をシミュレートされた人体体験VRラボに変え、医師と学生に実践的な体験を提供しています。ヘルスケアセクターでのVRのアプリケーションは次のとおりです。 

 

  1. バーチャルリアリティ医療訓練
    VRを使用すると、医学生はコンピューターシミュレーションを通じて人体の内部を体験し、より深い洞察を得ることができます。これにより、医学生は、患者の命を危険にさらすことなく、間違いを犯してそこから学ぶことができる管理された環境で実践的な手順を練習することができます。 
  2. 救急医療訓練
    患者の命を危険にさらすことなく救急医療員や他のスタッフ訓練して救命スキルを学べます。これは、シミュレーションされた事故や緊急事態を作成することにより、仮想世界で可能になるのです。これらは、シミュレーションされた環境でそれを経験し、プレッシャーのかかる状況に適応させて本番で正確に対応できるようする実践的な例です。
  3. 鎮痛療法
    VRの治療機能は、痛みの緩和や理学療法にも実装されています。 VRは、自然療法で治癒時間を加速するという強みを示しています。シミュレーションされた環境で治療を実施できるようにすることで、患者は快適に過ごせるようになります。それは治療を患者中心に保ち、長期にわたる治療期間によって患者が精神を病まないようにしています。
  4. 歯科
    歯学は、VRが重要な役割を果たすもう1つの分野です。 「HapTEL」と呼ばれる革新的な方法は、触覚に基づいて新しい歯科医を訓練します。生徒には、3Dの歯のセットに仮想ドリルを充填するなどの手順を実行するための器具が提供されます。仮想ドリルは、実際のドリルの動きと圧力を再現します。フィードバックにより、生徒は微妙な変化を感圧力の変化を感じることができ、それに応じてテクニックを取得することができます。
  5. VR診断
    VRは、医師による診断を容易にする医療機器として使用されます。これは、MRI /CTスキャンなどの技術によって実現されます。これによって、あらゆる形態の侵襲的手技(体内に器具を入れたり体にメスを入れたりすること)の必要性が減り、患者の痛みがなくなります。VRは、既存の医療の精度と実現可能性を高めるために、今後数年間で段階的に使用されます。さらに、VRは診断で非常に使いやすく、時間も長くかからないので、テクノロジーの使用の拡大を促進することが期待されています。これにより、手術に対する理解が深まり、その結果、患者の満足度が高まります。
  6. カウンセリング
    カウンセリングは、仮想現実の使用を活用して、恐怖症やPTSDを治療します。たとえば、恐怖症の治療中に、患者はシミュレーションされた手段を通じて新しいスキルを学び、環境に適応することができます。また、対処メカニズムと調整を課すことにより、PTSDを発症する命を脅かすような状況にある人々を助けることができます。それらの状態の影響に対処するための一連の方法は、仮想現実技術を使用して学習されます。 VRカウンセリング中のツールには、バーチャルリアリティメガネ(HMD)、データグローブ、および入力システムが含まれます。 

 

VR, ヘルスケア, 健康管理, VRメディカルトレーニング, 医療トレーニング, セラピー, VR診断, カウンセリング, 自宅診療

ヘルスケアにおけるVRの利点 

VRは、セキュリティリスクを軽減し、救命ルーティーンを作成し、将来の医師を指導することができる革新的なツールです。ヘルスケア業界におけVRの利点のいくつかを見てみましょう。 

  1. 患者のリスクを軽減 
  2. 予防医学と教育の機会を改善 
  3. 痛みの管理 
  4. 理学療法と認知療法を促進 

OssoVRImmersiveTouchなどの企業は、従来の慣行から焦点を移し、仮想現実技術を利用して医師、外科医、救急医療従事者を訓練するようになりました。急性の痛みを軽減するために医療処置VR治療を促進するエビデンスはあるのですが、慢性の痛みを治療するためのVR治療の効果については調査および研究中です。ヘルスケア業界は、手順、準備、検査のためにVRを頻繁に実験しており、その大きな可能性でヘルスケアセクターを強化し続けます。ヘルスケア業界では、VRの範囲は、テクノロジーデザイナーの創造的な本能と想像力によってのみ制限されます。 

#ヘルスケア #テクノロジー #VR #バーチャルリアリティー #仮想現実 

Leave A Reply