intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

ボディセンサーは製薬業界でどのように使用されているのか

ボディセンサーは前から存在していますが、その背後にある技術と同様に、その用途は絶えず進化しています。以前は心拍数と1日あたりの歩数を追跡することが有益であると考えていましたが、今ではボディセンサーはさらに製薬業界においても、多くのことができるようになりました。新しい進歩の多くはヘルスケアの機能に焦点を合わせていたため、これは製薬業界にとって大きなニュースです。

機械に接続して体内で何が起こっているかを判断できるボディセンサーがありますが、最も便利なのはどこでも使用できるワイヤレスオプションです。

 

ワイヤレスボディテクノロジーは新しい未来です

ペースメーカー、神経記録装置、心拍数モニターは、今後数年間で大きく変わる可能性がありますが、完全になくなることはありません。ただし、出力を管理する新しい方法はたくさんあり、ワイヤレスボディセンサーは、健康分野に参入する、最も有望な技術分野の1つです。

皮膚や、皮膚に密着した衣服に装着できるセンサーは、医師や患者がバイタルサインを監視するのに役立ちます。宇宙飛行士の健康状態を追跡するために長年同様の技術を使用してきましたが、BluetoothまたはWiFiを使用して誰からでもワイヤレスで情報を送信できるようになりました。体温や血中酸素飽和度から神経活動や汗の組成まで、あらゆるものを遠くから追跡できます。

新薬をテストしている企業にとって、この情報を追跡できる可能性は、被験者が目の前にいない場合でも、より有用なモニタリングができることにつながります。

ボディセンサー, 製薬業界, ヘルスケア, ペースメーカー, 神経記録装置, 心拍数モニター, 健康管理

生体内のテクノロジー

バイオセンサーは、糖尿病患者の血糖値を追跡するためにすでに何年も使用されています。継続的な血糖値のモニタリングには、皮下の電気化学センサーが使われており、約2週間有効です。血糖値を常に追跡し、値が急上昇または低下しすぎると、デバイスまたはスマートフォンに通知を送信します。そして今では、2週間ごとに交換する必要のない、より耐久性のあるオプションを作成するために、新しいセンサーがすでに開発されています。

 

発展を続けるバイオテクノロジー

多くのバイオセンサー技術はまだ市場に出回っていませんが、以下のようなすでに将来性をもった技術が現れています。

  • イオノフォアセンサー
    コロラド鉱山学校のケビン・キャッシュによって開発された
    光学センサーの総称です。このセンサーは皮膚の表面の写真を撮って皮膚からの光を捕らえ、科学者が処理できる情報に変換します。各イオノフォアセンサーは人間の髪の毛よりも細く、薬物代謝の小さな変化を検出できます。これらのセンサーは皮膚の内側に設置されており、タトゥーのように見えます。そこから、血液中に何が検出されるか(カリウム、ナトリウム、リチウム、カルシウムなど)によって色が変わります。]

 

  • カーボンナノチューブセンサー
    このセンサーは、1993年に最初に発見された単層カーボンナノチューブです。
    ナノチューブの蛍光は近赤外線であり、特定の分子の検出に使用するために現在複数の科学者によって研究されています。小さなデバイスはカプセル化されてから皮膚に挿入され、1年近く効果が続く可能性があります。ナノチューブは、体内の炎症を示す一酸化窒素、インスリン、ドーパミン、リボフラビン、L-チロキシン、および他の複数の分子を含む、さまざまなものを検出するために使用できます。ねじれが解消されると、ナノチューブが表面的な健康要因をチェックする方法になることが期待されます。センサーは血液や皮膚には役立ちますが、内臓の感知にはあまり役立ちません。

 

  • 光音響センサー
    超音波と同様に、光音響は体内のより深い部分から情報を取得します。これにより、皮膚のみのタイプのセンサーの問題の多くが解消されるため、人体の情報を収集するための最新の方法になるでしょう。たとえば、体の一部に十分な酸素が供給されていない場合、このタイプのボディセンサーは酸素化を簡単にチェックして、低酸素領域を明らかにすることができます。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のジェシー・ジョーカーストは、光音響センサーを使用したスマートカテーテルを開発しています。これは、カテーテルを挿入し、ヘパリンレベルを継続的にテストすることにより、抗凝固剤であるヘパリンが正確な用量で投与されることを保証するように設計されています。最終的には、このようなカテーテルを使用して患者に自動的に投与し、一定の採血を行わずに、投薬レベルを必要なレベルに維持することを計画しています。

ボディセンサー, 製薬業界, ヘルスケア, ペースメーカー, 神経記録装置, 心拍数モニター, 健康管理

Abilify My Cite

製薬業界で機能するように設計されたテクノロジーの最近の飛躍の1つは、AbilifyMyCiteセンサーです。統合失調症の患者を含む多くの人に共通の問題は、彼らが薬を服用したかどうかを忘れることです。これを追跡する方法は曜日を指定したカスタムパッケージなど、前々から複数ありますが、Abilify MyCiteは、新しいアプローチ方法になります。

各アリピプラゾール錠には、中にセンサーが含まれています。アプリをダウンロードするだけでセンサーが追跡されるため、適切な薬を適切なタイミングで服用したことを確認できます。この技術はまだ揺籃期にありますが、その可能性は多く、高齢患者の薬の使用を追跡する機能、または、誰かが誤用したかどうか、正確にどれだけ使用したかを確認する機能は他にありません。単に患者の服薬を追跡できることには、長期的には患者の健康を大幅に向上させることができるのです。

バイオテクノロジーの進歩のおかげで、製薬業界にはいくつかの大きな変化があります。ボディセンサーは確かに私たちが状態を診断し、薬を処方する方法を変えるでしょう。誰かが錠剤を服用したときの監視から、血中の薬のレベルを継続的にチェックすることまで、センサーを使用する方法はたくさんあります。それらは、偶発的な過剰摂取を防ぎ、サイズや代謝に関係なく、すべての人が必要な正確な量の薬を確実に摂取できるようにするための次のステップになる可能性があります。

 

〈関連記事〉

 

Leave A Reply