intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

Drugs.com- 錠剤服用のリマインダー

米国における治療の失敗の約半数、および年間約12万5千人の死亡事例は、処方された薬の服用や医師から指導を受けたその他の治療法について、患者が指示に従わなかったことが原因であると言われています。

薬の服用をサボったり、間違ったタイミングで服用したり、服用量を倍増させたりするような行動は、命に関わる結果を招く可能性があり、複数の処方箋を併用する場合はさらにリスクが高まります。しかし、錠剤服用リマインダーのような革新的なデジタルテクノロジーは、患者に正しい服用を促し、医師の指示に従わない場合に起こりうる危険な結果を防ぐことが研究で明らかになっています。

Drugs.com錠剤服用リマインダーは、患者が正しく薬を服用できるように設計された、無料で使いやすいアプリです。このアプリは、患者に薬を飲む時間を知らせ、薬の使用状況を長期的に追跡し、医療従事者、家族、介護者と情報を共有することができます。

 

服薬リマインダーが正しい服用と安全性を高める

治療を成功させるためには、通常、処方箋などの「医師の指示」に従うことが重要です。しかし、患者が処方された通りに薬を飲まない場合、治療が効果を発揮するまでに時間がかかることがあります。場合によっては、救急外来の受診、入院、さらには死に至ることもあります。

処方箋の指示に従わない(投薬不遵守)というのは、具体的には処方箋の記入や補充を怠ったり、服用しなかったり、間違った量を服用したり、最初に服用したことを忘れて服用量を倍にしたりするなど、さまざまな状況が考えられます。また、他人の薬を服用したり、医師が処方した薬とは別の薬を服用したりすることもこれに含まれます。

患者によっては、処方箋の指示を理解できない場合もあれば、記憶や認知の問題を抱えていたり、薬を忘れたり、薬の管理を誤ったりするような状況が考えられます。また、複数の薬を一度に服用している人にとっては、特に正しい服薬は難しいものです。

患者が正しく薬を服用できるようにするために、医療従事者はカウンセリングから薬の詰め替え回数のトラッキング、患者の手元にある薬の数を直接カウントすることまで、さまざまなことを行ってきましたが、デジタル技術はこのようなアナログな方法を一新することが可能です。

研究によると、デジタル強化されたデバイスやアプリは、特に患者が一度に複数の処方を受けている場合に、効果的なツールとなります。スマートピルディスペンサー、トラッカーを内蔵した包装や特殊なセンサーを搭載した薬剤などは、AIを活用した新しいソリューションです。しかし、最も効果的で利用しやすいテクノロジーとして、薬の服用や処方箋の補充のタイミングを患者に知らせるシンプルなピルリマインダーアプリがあります。無料でダウンロードできるアプリで、その名の通りの働きをしてくれます。

 

錠剤(ピル)リマインダーアプリとは?

錠剤(ピル)リマインダーは、Google PlayやApple Storeなどの主なアプリストアからiOSとAndroidの両方で無料でダウンロードできます。患者がすでに使用しているデバイスにインストールすることができるので、いつでもどこでもリマインドを受けることができます。新しい処方箋が追加されると、ユーザーはアプリにその情報を入力し、適切な時間にアラートを設定します。

薬を服用した後、薬の名前の横にあるボックスにチェックを入れると、服用履歴が記録されます。また、ピルリマインダーには薬の画像が表示され、副作用や薬物相互作用などの他の情報へのリンクも表示されるので、外観が似ている薬同士の混同をなくすことができます。

また、錠剤(ピル)リマインダーは、薬ごとのアラートの履歴を保存し、他の承認された個人とデータを共有することができます。これにより、医療従事者やケアワーカーはパターンを追跡し、患者の服薬情報を把握することで、患者の健康状態を正確に確認することができます。

ピルリマインダーは、どんな処方箋薬に対しても、誰でも使うことができますが、一日に複数の薬を服用している人には特に効果的です。それぞれの薬を別々に入力し、独自のアラートタイムを割り当てることができるので、薬の整理にも便利。薬の服用コースが終了すると、アプリから薬を削除することができます。

一度薬の処方内容を設定してしまえば、使い方は簡単ですが、それぞれの薬とその処方情報をアプリに手動で入力する必要があるため、処方箋の追加には時間がかかります。これは、年配のユーザーなど、デジタルテクノロジーにあまり慣れていない人にとっては障害になるかもしれません。

開発者によると、ケアマネージャーや医療従事者が患者の処方箋の指示への遵守や進捗状況を追跡するためにもこのアプリを利用できるそうです。このアプリを使えば、ユーザーのサポートネットワークにいる誰もが、患者がアラートに反応しなかったときに通知を受け取ることができるので、患者をサポートして確実に薬が服用できるようにすることができます。

錠剤リマインダー、アプリ、薬

錠剤(ピル)リマインダーの代替品

ピルリマインダーは、iOSとAndroidデバイスで現在利用できる、数多くの無料の薬のリマインダーや健康追跡アプリの1つです。このようなリマインダーアプリは、アプリのホームページや、評判の良いアプリストアからダウンロードし、患者が既に使用しているデバイスにインストールすることができます。人気のある薬のリマインダーアプリは、すべて同様の基本的な機能をもっています。

 

Medisafe

Medisafeは、世界有数の薬のリマインダーアプリです。通常の時間と用量のリマインダーに加えて、Medisafeには薬物相互作用の警告も含まれており、患者に薬を一緒に服用してはいけない時や、特定の食品と一緒に服用してはいけない時を知らせる機能が備わっています。

Medisafeは、薬の詰め替え時期になるとユーザーにアラートを出すことができ、さらに他の誰かを「メディフレンド」として登録し、薬を飲み忘れた場合にその人に通知されるオプションもあります。複数の処方箋を管理しなければならない複雑な状況にあるユーザーのために、処方情報の変更に応じていつでも更新できる使い勝手の良いインターフェイスが備わっています。アプリに保存されたデータは、他の人と共有することも可能です。

 

Mango Health

Mango Healthは、健康に関連する様々な指標や目標を確認できる機能に加えて、薬のリマインダー機能も備えたヘルスアプリです。Mango Healthでは、水分補給、血圧チェック、その他の健康的な日常生活を維持するためのリマインダーをカスタマイズして設定することもできます。

Mango Healthは、他の薬のリマインダーアプリと同様に、ユーザーが入力した薬の相互作用や副作用に関する情報も提供できます。ユーザーが目標を達成できるように、Mango Healthはゲーム化されており、ポイントを獲得したり、バッジを獲得したり、服用を忘れないために目標を達成したら実際の報酬と交換したりすることも可能です。

薬のリマインダー、アプリ

MyTherapy 薬のリマインダーとピルトラッカー

MyTherapy メディケーション・リマインダー&ピルトラッカーはカスタマイズ可能なトラッキングアプリで、ユーザーは運動、血圧などの測定値、投薬など、さまざまな健康やフィットネスの目標に対してアラートを設定することができます。MyTherapyは、保存されたデータに基づきユーザーの総合的な健康状態を把握し、改善すべき点を表示することも可能です。また、ユーザーの家族や医療従事者がアプリで収集した情報を共有したり、ユーザーが予定していた薬を飲み忘れた場合に家族にアラートを出したりすることもできます。

 

錠剤(ピル)リマインダーのまとめ

ピルリマインダーについての感想は賛否両論ですが、全体的には肯定的です。レビューサイト「RankedHealth」では、機能性については5つ星のうち3つ、使い勝手については5つ星のうち4つの評価を得ています。錠剤(ピル)リマインダーは、薬の服用に関するリマインダーと定期的な服用を管理するためのトラッキング機能という、一つの機能に特化していることから、そのシンプルさを評価する声が多く寄せられています。医療提供者のような他の人とデータを共有できるというオプションもプラスの評価を得ています。

錠剤(ピル)リマインダーの医療アラートは、薬ごとの詳細な情報や潜在的なリスク、相互作用についての詳細な情報を提供してくれますが、ユーザーは処方箋や容器の情報をアプリのインターフェイスに手動で入力しなければならないので、複数の薬を服用しているユーザーや、スマートフォンやタブレットのキーボードなどのデジタルツールを使用することに抵抗があるユーザーにとっては、時間がかかり、イライラすることもあります。

錠剤(ピル)リマインダーが投薬リマインダー機能に特化しているという点は、1つのアプリで健康やフィットネスゴールのトラッキングを管理したいユーザーにとっては、マイナスポイントとなるかもしれません。錠剤(ピル)リマインダーは血圧や体重などの指標をトラッキングできないため、他のデバイスやアプリを入手しなければならないのです。

錠剤(ピル)リマインダーのような投薬リマインダーアプリは、処方指示が異なる複数の薬を管理する際に特に便利で、患者が正しく薬を服用しているかどうかを確認するために、家族、ケアマネージャー、医師のサポートネットワークを作るためにも役立ちます。

Leave A Reply