intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

スマートシティの成功のカギは暗号通貨

スマートシティ, ドバイ, 暗号通貨, ブロックチェーン, ビットコイン

1950年代のDCコミックでは、21世紀のスマートシティは、蛇行するモノレールや、超高層ビルが立ち並ぶ巨大都市として描かれていました。このような資本主義後の都市の風景を支える通貨は、ほとんどがデジタルで政府にも正式に通貨と認められ世界中で使用されていました。

コミックスの未来予想は、正しくもあり間違ってもいることがここに来てわかりました。

NWOや世界的に認められた通貨システムは存在しませんが、デジタル通貨の予測はかなり正確で、2021年の時点で、世界で1億人が暗号通貨を使用しています。これはオーストラリア、オーストリア、アフガニスタン、アルバニアの人口を合わせた数よりも上回っています。そして、これらの通貨を使用しているのは一部の都市だけで、地方ではまだまだ紙幣が主流となっています。

都市政府がインフラ、社会サービス、人的資本のためにいわゆるスマートテクノロジーに投資するにつれ、この都市と農村の格差はさらに深まることが予想されます。

都市計画者は、ブロックチェーンや暗号通貨を念頭に置き、都市圏を支える経済の活性化と強化を期待しています。

 

新しい時代へようこそ。スマートシティのためのブロックチェーン

・スマートシティの定義 

スマートシティの定義はひとつではありませんが、昔のコミックと似ているところがあります。シン・シティ、バットマンのゴッサム、スーパーマンのメトロポリスのように、都市の中心部は経済の中核であり、商業、工業、文化が市域に広がっています

では昔のコミックとの違いはどこにあるのでしょうか?

それは政府が情報技術を使ってデータを収集していることです。

スマートシティにおいて物理的なインフラプロジェクトにAIやその分析が含まれています。

スマートシティの特徴は、自然エネルギーやオートメーション化した水質管理システムの他に無料のインターネットが解放されていることがあげられます。情報伝達技術(ICT)を通じて、モノのインターネット(IoT)とつながり街を制御しています。 

スマートシティの中でも最もスマートな都市は、どこでしょうか。50年代のコミックに出てくるような巨大なコンピュータシステムにデータを送り、交差点での動きを調整する交通管理を行っている先進的なロンドンでしょうか?それともIoTによってほとんどすべての都市計画が自動化されている上海でしょうか?

真の暗号都市はブロックチェーンと暗号通貨を全面的に採用しているドバイです。

 

スマートシティのための暗号通貨とブロックチェーン

スマートシティ, ドバイ, 暗号通貨, ブロックチェーン, ビットコイン

暗号通貨は、スマートシティの未来を一手に担います。自称 “暗号通貨の中心地 “であるドバイでは、ブロックチェーンの役割が進化し続けいて、市政府にはDubai Future Council for Blockchainという部署もあります。これはニューヨークでは見られない光景です。

世界最大、世界最長、世界最高の富裕層を抱える超一流の都市であるドバイは、毎年何百ものブロックチェーンやビットコインベースの構想が発表されており、世界で最も賢い都市であると言えるでしょう。

ドバイにおけるブロックチェーンのための「Future Landscape Report for Blockchain in Dubai」は、ブロックチェーンをガバナンスとオペレーションに融合させることを目的としており、その目的は、将来のインフラ、交通、文化プロジェクトに暗号通貨を完全に組み込むことです。

ドバイが真の “暗号都市 “であることを確立したのは、このデジタル通貨へのコミットメントです。例えば、ブラジルの多くの大都市では、旅行者がビットコインでバスチケットを支払うことができるなど、すべての主要なハブが何らかの形で暗号通貨を導入していますが、ブロックチェーンに完全に基づいた専門部署と「未来の景観計画」を持つ都市当局は他にありません。

 

ドバイを支える暗号の仕組み

スマートシティ, ドバイ, 暗号通貨, ブロックチェーン, ビットコイン

 砂漠の前哨基地から世界的な金融ハブへと成長したドバイの軌跡は、他に類を見ないものです。石油と創造的なアイデアの両方に恵まれたこの都市の政府は、常に革新的で、都市デザインの無限の可能性を先導してきましたが、ブロックチェーンもその一つです。

UAE政府は、 早くからブロックチェーン技術を受け入れてきました。暗号資産に対する規制は存在しますが、スマートシティを持つ他の政府よりもはるかに寛大なものです。例えばアメリカやイギリスはブロックチェーンの規制が厳しく、ニューヨークやロンドンのようなスマートシティの発展に支障をきたす可能性もあります。

ドバイはブロックチェーンに寛容であること、そして同規模の他の都市を凌駕する財政予算を持っていることから、革新的なプロジェクトが豊富に計画されており、クリプト・メッカとして定義されています。

プロジェクトには以下のものがあります。

  • 政府が支援するブロックチェーンベースの文書管理システム。
  • ブロックチェーンを利用したデジタルパスポートシステム
  • ブロックチェーンを利用した入荷貨物のリアルタイム情報システム。
  • 中央銀行は、国境を越えた支払いのための暗号通貨の試験的なテストを開始。(UAE全体での提案)

“ドバイは、革新的なテクノロジーを採用して大きなインパクトを与えるます。”と、ドバイ当局のブロックチェーン戦略に密接に協力しているLina Hediah氏は言います。

“顧客体験 “と “幸福度指数 “への注力は、政府がブロックチェーンを推進する力となっています。

多くの人々がデジタル通貨のメリットに気づく中、ドバイは多国籍企業を誘致し、新産業を創出し、最終的には地域社会に貢献するブロックチェーン技術の導入において最先端を走っています。

ドバイがブロックチェーンパスポートや国境を越えた暗号決済を計画している一方で、ニューオーリンズのドライバーはいまだにパーキングメーターの支払いをドル紙幣で行っています。

都市の運命はビットコインのように変動するもので、他のスマートシティもドバイのブロックチェーンベースの考え方にいずれ追いつくでしょう。ニューヨークやロンドンのような欧米の中心地は、それぞれの国の政府が消極的であっても、暗号通貨の実用化を推進しています。つまり、すべてのスマートシティが、今後数年のうちに暗号通貨の信頼性を高め、デジタル通貨が通常の現金と同等の価値を持つ、新しい金融の風景の先駆けとなる可能性があるのです。

 

〈関連記事〉

Leave A Reply