intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

人種隔離問題における居住地より重要な観点

人種隔離についての議論は、人々がどこに住んでいるかという観点から考えられがちです。しかし、最新のGPSテクノロジーにより、科学者は人種隔離を別の視点から見ることで、従来の前提に疑問を投げかけています。スタンフォードチームによる新しい研究は、人々の日常の経験と相互作用が周りに住む人々の国籍よりも重要であることを示唆しています。この人種隔離の見方は、歴史、社会経済学、および文化における複雑なルーツを持つこの問題に対する新しい解決策へと導きます。

この記事では、居住地による隔離と経験による隔離の違い、米国における人種隔離の歴史、およびスタンフォード大学の研究の4つの主要な調査結果を見ていきます。

 

居住地の隔離vs経験による隔離

居住地の隔離は、私たちが隔離を測る伝統的な方法です。しかし、住んでいる場所は物語の一部しか語っていません。ある地域に住んでいても、日々の大半を別の地域で過ごしている場合はどうでしょう。私たちの毎日の習慣はどのような社会的影響を与えていて、そしてどのようにしてこの知識をより人種差別のない社会をより早く築くために応用することができるのでしょうか。

これらの問いに答えるには、人々がどこに住んでいるかだけでなく、人々がどのように、誰と一緒に過ごしているかを追跡する方法が必要です。これがまさにスタンフォードの研究者が試みてきたことです。エコノミストのスーザン・エイシーマシュー・ジェンツコウは、隔離を測定する新しい方法としてGPSデータを使用しました。

彼らが測定しようとしているのは、居住地の隔離とは対照的に、「経験される隔離」です。彼らの研究では、これは人々の「日々の生活の中で訪問する場所で多様な他者との接触」として定義されています。この調査は、2017年の最初の4か月間に、米国の人口の約5%をカバーする米国のスマートフォンユーザーのサンプルから得たGPSデータに基づいています。

人種隔離 歴史 居住地 所得

人種隔離の歴史

アメリカの人種隔離の暗くて不吉な歴史は、依然として都市景観とそこに住む人々の生活に大きな影響を与えています。 1900年代初頭、人種隔離的な居住地契約により、有色人種の人々が自由に家を購入することはおろか、契約は全国の財産証書に埋め込まれ、白人でない人が土地を購入したり占領したりすることさえ禁止されていました。これはセントルイスシアトルシカゴコネチカット州ハートフォードカンザスシティワシントンDCで徹底的に文書化されています。悲しいことに、契約が生み出した不平等は続いています。

人種隔離も所得の隔離と密接に関連しています。たとえば、ジョージフロイドの悲劇的な殺害が行われたミネアポリスでは、2018年の黒人家族の収入の中央値は36,000ドルでしたが、白人家族の収入は83,000ドル近くでした。

歴史的要因と社会経済的要因の二重苦により、居住地の隔離問題に取り組むことが困難になっています。したがって、人々の居住地の選択に関する変化は起きにくいのです。これに加えて、私たち人間は自分と同じようなものの近くに住むことを選択する傾向があり、変化はさらに遅くなります。この傾向は、経済学者トーマス・シェリングによって開発されたエージェントベースモデルである分居モデルで説明されています。人種隔離を迫る外的要因(契約やジム・クロウ法など)は含まれていません。代わりに、シェリングの研究は、多くの個人の選択が集約されたときに、人々の自分のグループに対する「穏やかな」グループ内の好みが、どのように高度に隔離された社会につながるかを示しています。

居住地の隔離の特性を考慮すると、スタンフォード大学の研究のように、他の観点から隔離を見ることが非常に有効になります。彼らの論文では、スーザン・エイシーマシュー・ジェンツコウが4つの主要な結果を示しています。

 

#1隔離のレベルは居住地の隔離よりも経験による隔離の方が低い

この論文で最も重要な発見の1つは、人々が住んでいる地域の外でかなりの時間を費やしているということです。その場合、GPSデータは、彼らが自分の居住地域よりもはるかに多様性に触れる可能性が高いことを示しています。人種間の統合は、娯楽、小売、および食事の場所で最も進んでいるようです。一方、教会や学校のような場所は、やや人種的隔離が見られます。

 

#2経験される隔離と居住地の隔離は相関する

それにもかかわらず、この研究では、経験の隔離と居住地の隔離がかなり相関していることがわかりました。どちらも一般的に南部と五大湖地域で高く、中西部と北西部の上部では低くなっています。これは#3の特定の人口特性と都市のタイプでは、孤立性が低く、多様性が高いという結果につながります。

公共交通機関 人種隔離 都市

#3公共交通機関、人口密度、教育が重要

この調査は、教育レベルが高く、人口密度が高く裕福な都市は、人々の経験される人種隔離が比較的少ない都市であることを示しています。もう1つの要因は、人々の公共交通機関の利用度です。公共交通機関の利用度が高いほど、経験される人種隔離は減ります。言い換えれば、日々のロジスティクスのために多くの人々が混ざり合い、混ざり合うほど、経験される隔離は減少します。これは、たとえば都市計画を通じて人々の習慣を変えることによって、経験される人種隔離に影響を及ぼす可能性があることを示唆しています。

 

#4人種隔離を増加または減少させる可能性のあるものへの手がかりを与える人々の動き

人種差別のない相互作用がいつどこで発生するかを追跡することにより、スタンフォード大学の研究者は、人種隔離と闘うためにどのような取り組みが最も効率的であるかについての有益な見解を提供したいと考えています。アセイとジェンツコウは論文で「商業活動やレジャー活動の空間分布、またはこれらの活動にアクセスするための輸送コストに影響を与える政策は、居住地を対象とする政策と同じかそれ以上に効果的かもしれない」と述べています。

 

将来への影響

もちろん、スタンフォード大学の調査結果から導き出せる結論には限界があります。大きな障壁の1つは、GPSデータが他の人との接触のみをキャプチャし、人の間の実際の相互作用を認識できないことです。人々が地下鉄で混ざり合うだけで、都市の人種差別は減少すると言えるでしょうか?とはいえ、接触がなければ相互作用は起こり得ないので、私たちの日常環境の多様性を正しい方向への一歩と考えることは理にかなっています。

そして、人々の居住地の選択に変化をもたらすことは本質的に困難で時間のかかるプロセスですが、これらの新しい発見は、他の手段も同様にプラスの効果をもたらす可能性があることを示しています。住んでいる場所だけでなく、日常生活のあらゆる側面が重要です。私たちが食事をし、働き、勉強し、リラックスする場所はすべて、私たちの人種間の統合度に影響を与えます。これらの場所での行動は、はるかに少ない時間と労力で人々の生活にプラスの効果をもたらします。そして、これらは、より容易に政策に影響を与えることができ、人種隔離問題の変化に希望の光をもたらすでしょう。

 

〈関連記事〉

Leave A Reply