スマートシティ

ロボットアーティスト ~アートに人工知能の新しいトレンドを迎えて~

SHARE.

ロボットアーティスト
~アートに人工知能の新しいトレンド
を迎え

人工知能AIはあらゆる分野で人間に取って代わること知られています。 動作から表現までAIものの数秒で何でもできます。この高度なテクノロジーは、進歩的技術を通じて、より良い未来に向かっているとされています分野を問わず、人工知能は日々の課題に対して幅広いソリューションを提供します。 

人間は人工知能のレベルに合わせた独自の創作物を考案する段階へときています私たちはあらゆる段階のデジタル革命を体験しています。私たちのアイデアは日々新しさに挑戦しています。 21世紀の終わりまでに、私たちは人工技術の奴隷となるか、それとも人工技術が私たちの身近な存在となるこのように、私たちはテクノロジーの飛躍を確信しています。これからの時代、AI協力者それとも雇い主として見るようになるのでしょうか。この疑問には、次の段落で答えることにします。 

AI混沌中にある美しさ気づかせてくれるので、リラクゼーションツールとして見てもいいかもしれません。アーティストは様々な思想の流派に精通しているため、自身のイデオロギーを形成し、作品と価値観を結びつけることができます。AIは寒い青空の中に黄色ヒントを与えてくれるのは確かですが、人間の知性と創造性によってAIがその直感的な理解を妨げることは決してありません 

人工知能は人間の生活のあらゆる面に少しずつ着実に忍び寄ってきています。 

私たちは何らかの形で、日常の問題の解決のためにAIに依存していますがAIが人間の創造性に取って代わることがあるのでしょうか? AIはあなたの存在を覆い隠してしまうのでしょうか? 

日々頭の中に浮かぶそのような疑問はより深く知的な議論へあなたを導いてくれます。現代のシナリオAI小さな一歩誰も止めることはできませんアートの世界におけるAIの影響力を見てみましょう 

研究者やテクノロジーの愛好家は、人類とAI間のギャップを埋めるために、日々新しいツールを生み出しています。彼らによると、AIは、詩、絵画、音楽、などを生み出すため多くの可能性を開きます。名前を与えるとAIが作ってくれるのです!これは、例題をコンピュータに与えることで固有のパターンを検出し何かを作り出すことが可能になります。のような研究を面白半分で取り上げる人はいません。研究者たちは、AIが創造性の未来であることを証明しようとしていますテクノロジーは弊害ではなくコラボレーションとして取り上げる必要があるでしょう。 

ロボット, アート, アーティスト, ロボットアーティスト, 人工知能, AI, GAN

AIアートは主にGANGenerative Adversarial Networkを通じて単純化し、制作されています。敵対的生成ネットワークGANは、互いにいながら作動する2つのマシン・インテリジェンス・ソフトウェアで構成されています。生成ネットワークと識別ネットワーク対をなすブレインマシンと呼ばれるもので、相反し動きしてます。生成ネットワークは、GANから与えられた大規模なデータセットから、ランダムオブジェクトを生成します。そして、識別ネットワークはこれら取り出し、芸術的な絵と照合します。AIの相互接続された人間の脳を大まかにモデル化しおり最近は多くの工知能の進歩へと導いていますGANの発想人々の関心を集めています 

 1950年代後半シュトゥットガルト大学の技術者グループがコンピュータグラフィックスの実験を始めた頃から、アーティストたちはコンピュータを使って作品を制作してきました。視覚的に魅力的なオブジェクトを作成するためのコンピュータ、プロッター、およびアルゴリズムの使用は、アーティストによっても研究されています。 

Yuguang Zhan言っています 

私たちが気づいてない自分自身の一部を知ることで、AIは個人としての自分を脱却させ、文化、性別、人種、民族、年齢、階級などの境界線を超えていくのに役立つと思います。少なくとも私はそう願い、信じています。それは一組の双子のダンスのようなもので、光と影は切っても切れない関係です。 

産業界ではAIの利用が拡大しているにもかかわらず、その応用については賛否両論があり、時には否定的な意見もあります 

フォーブスが発表したBlumberg Capitalの調査によると、アメリカの消費者の50%が人工知能について楽観的に考えているのに対し、残り恐怖心を感じていることがあきらかになりました11回以上AIとコミュニケーションを取っていることを知っているのはわずか26%、AIをロボットと考えているのは53%、自動運転車と考えているのは40%で、58%は映画やテレビ、ソーシャルメディアからAI情報を得ているようです 

AI製造業や金融、健康だけでなく、教育分野でも進歩していく中で、クリエイティブ産業にどのような影響があるのか疑問に思わざるを得ません 

機械がツールを超えて創造者の役割まで及んだ場合、パラダイムシフトが起こりますこの変化は、機械がモノから音楽家になるという現象にも関わっています。この場合、機械やコンピュータのプログラムは、アーティストへと積極的にエスカレートしていきます。もはや市民奉仕のための受動的なツールではなく、自主的な能力を持った貢献者です。芸術を含むAIの使用に関する議論の多くは、現在、テクノロジーに対する大きな誤解に覆われています。何十年もの間、一般の人々は、技術者や学者が「人工的な一般知能」と呼ぶものとSF考案した、自由に思考し、特定の指示な学習し、おそらく感情をっているコンピュータ同一視していました 

ロボット, アート, アーティスト, ロボットアーティスト, 人工知能, AI, GAN

AIは、従来の形式から離れて、まったく新しいアートの形式をもたらすのに役立ちましたユニークな作品ではなく、出会いを中心に展開するアートです主要な芸術団体は、テクノロジーと創造性を融合させ、一般客に大きな機会を生み出し、世界の注目を集め、複数の栄誉を獲得するため、懸命に取り組んできましたアートの発展そのものが、AIの中でも特に論争の多い一面に焦点を当てています。多くの人にとって、アートの制作は圧倒的で、やや威圧的なものです。まもなく、数行のコードを得た人たちが素晴らしい傑作を生み出し、イノベーションとアートその再定義を余儀なくされる時代がくるでしょう。アーティストが最終的な絵を選ぶだけで著作権を主張できることは広く受け入れられていますが、可能であれば、出典をはっきりさせるべきです。 

AIとアートの議論は別AIには多くのメリットがあります。日常の管理業務を減らすことで、学校教育のシステムを合理化し、教師が生徒と一緒に過ごす時間を増やすことができます。また、AIは患者の診断や治療法の両面で、医療に革命を起こせるがあります。AIによって、個性的な障害を持つ人の移動性を高めることができます。自然災害の可能性を予測や、山火事のような大規模な災害と戦うのに役立ちます。 

 

AIがニュースもフィクションも書くようになりました。 2014年、ある都市を襲った地震について、アルゴリズムが自動的に記事を作成しましたこれらの進歩は、人間の関与を最小限に抑えて基本的なニュース項目を生成するように設計されており、編集スタッフとレポーターは、研究やオピニオン記事のような複雑で微妙な作業にエネルギーを集中できます。彼らはまた、AIを使用して、私たち一人一人がその恩恵を享受する良い未来への道を示しています。 

アートは、AIに関する重大な問題提起だけでなく、実質的な解決策についても提案しています。現代のテクノロジーを説明しつづけ、実現させてくれるのもアートです。

SHARE.

前の記事

Beauty Voice Assistant(美容音声アシスタント)について知っておきたいこと 

次の記事

スマート病院を活用して、迅速に救命し生産性を高める方法