intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

intech.media

世界のヘルスケアテクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト

イギリス、春までに道路でのハンズフリー走行を合法化する方針

自動車の運転が疲労の原因になっていませんか?これからの運転はハンズフリー走行に任せて、ドライブ中の映画を楽しみましょう!

これが実現するのはそう遠い未来ではありません。ハンズフリー走行の技術は確実に進歩しています。​

イギリスは、2021年春にハンズフリー走行を合法化する計画を立てており、交通革命の幕開けを迎えようとしています。これは交通の新時代を象徴しており、私たちの車や交通、旅行に対する見方を一変させるでしょう。​

 

1.ハンズフリー走行とは何か?

イギリスの計画をさらに掘り下げる前に、ハンズフリー走行とは何かを定義しておきます。AI技術によって、ドライバーが操縦しなくても、一定の車間距離をとりながら、カーブでも車線内を走行できる技術です。これらの技術は自動車に搭載され、すでに販売されています。それでも法律はドライバーが常に注意を怠らず、焦点を合わせ、いつでも迅速な行動をとれるようにすることを求めています。

Teslaにはハンズフリー技術の一例として「オートパイロット」という機能がある。自動運転車には5つのレベルがあり、Teslaの「自動操縦」は「レベル2」と見なされている。次のレベルでは、ドライバーは常に注意を払う必要はなく、理論上では電子メールを読んだり、テキストを送ったり、映画を見たりすることさえできます。​

AI, ハンズフリー走行, 自動運転車, 車, オートパイロット, 交通事故, 交通安全, 交通渋滞

2.自動操縦車による交通安全の向上

SFのようにドライバーが運転中に映画を見るということが、近い将来イギリスで実現する可能性が高いと言われています。2021年春には、ハンズフリー運転が合法化される予定です。​

運輸省 (DfT) は、自動車線維持システム (ALKS) の概念に対する証拠を要求しており、これらに拍車をかける要因の一つが交通安全です。​

自動車製造業者貿易協会 (Society of Motor Manufacturers and Traders) によると、自動運転車は交通事故を大幅に減らすことができるとされています。​

運輸大臣のレイチェル・マクリーンは次のように述べています。​

自動運転技術は、運転をより安全に、よりスムーズに、そして運転者にとってより簡単にすることができ、英国はこれらの利点を理解する最初の国であり、新しい技術の開発とテストのためにメーカーを引き付けるべきです。

Society for Motor Manufacturers and Tradersを率いるMike Hawesもこれに同意しこのように述べています。

自動化技術は「人生を変える」であり、今後10年間に47,000件もの深刻な自動車事故を防止できるでしょう。

3.ハンズフリー走行中の事故

ハンズフリー走行の安全性向上への期待は高まる一方ですが、自動運転車による事故は数件発生しているのが現状です。ノッティンガム州のドライバーは、2018年に自分のTeslaの助手席に座り、高速道路をハンズフリー走行したことで運転を禁止されました。アメリカでは、「オートパイロット」モードの走行が可能になった以降、ドライバーが運転中にビデオゲームをしていたために深刻な衝突事故が発生し、これにより「オートパイロット」モードは中止されました。この技術の安全性に疑問を持っているひとは少なくないと言えます。​

 

4.オックスフォード市初の自動運転車のテスト

イギリスでは、ハンズフリー走行を最初に試した都市はオックスフォードでした。そこでは、自動運転車がテストされており、州が出資する「プロジェクト・エンデバー」という研究プロジェクトの一環として、6台の自動運転車が使用されています。Oxbotica社は、より自動化された、より安全な運転のための車道において、オックスフォードでのテストを重要なマイルストーンと呼んでいます。​

AI, ハンズフリー走行, 自動運転車, 車, オートパイロット, 交通事故, 交通安全, 交通渋滞

5.大きな財政的影響を伴う輸送革命

自動式運転車の導入は、交通と輸送への新しい見方を表すだけではありません。巨大な財政的潜在力を持つ新しく繁栄する産業の基礎でもあります。英国のレイチェル・マクリーン運輸大臣は、CAV市場(コネクテッド・オートノマス市場)が2035年までに417億ポンドという驚異的な価値に達する可能性があると述べました。そのことから、イギリスにおける自動操縦車の経済的価値がすべて明らかになりました。​

Connected Places Catapult、Element Energy、およびCambridge Econometricsの科学者が作成した調査レポートによると、イギリスの新車販売のうち40%が2035年までに自動運転機能を持つようになり、自動運転車の市場価値は合計417億ポンドになるとされています。COVID-19のパンデミックの影響に苦しんでいるイギリスにとって、これは前向きな予測であると言えます。​

もしこれらの予測が正しければ、CAVテクノロジー分野での知識関連の仕事は4万件ほど増えることになります。さらにこれは経済を強化し、COVID-19に次ぐグリーンな復興への取り組みを強化することになるでしょう。

また、運輸大臣のレイチェル・マクリーンは以下のように述べています。​

CAVへの投資と開発は、より良い経済を目指す私たちに、人々と商品の輸送方法の変革を与えてくれる。運転革命の先端技術は、イギリス経済と雇用市場に大きなチャンスをもたらすだけでなく、今後数十年の旅行の安全性と効率性を大幅に向上させることができる。

6.結論

運転中に映画を見たり、ビデオゲームをしたりするのはシュールな感じがするかもしれないが、この記事で見てきたように、近いうちに現実の一部になるだろう。2021年春には、英国の道路でハンズフリー走行が実現する予定です。​

自動運転車の最も重要な議論は,交通安全の改善と自動車事故の大幅な減少の可能性である。しかし、この安全性を確実にするには、法律と技術の2つの面において多くの問題が残っていると言えます。

コネクテッドカーや自動運転車への多額の投資は、イギリスに4万人もの熟練した雇用を生み出す可能性があります。これはCAV技術を持つ世界のリーダーとしてのイギリスの地位を強固なものにするだけでなく、より環境に優しく、より持続可能な方法で経済を再建しようとしていることから、強力な原動力となる可能性もあります。​

 

〈関連記事〉

Leave A Reply